熱硬化性樹脂などのゲルタイムを簡単に測定
ゲルタイム測定は「まどか」におまかせ
ビジネス分野
  • 熱硬化性樹脂
  • 熱硬化性プラスチック
  • エポキシ樹脂
  • ウレタン
  • フェノール
  • シリコーン
  • アクリル樹脂
  • 不飽和ポリエステル樹脂
  • フラン樹脂
  • PVC
  • プリプレグ
  • 半導体封止剤
  • 接着剤
  • EMC
  • 塗料
  • 概要
  • 仕様
  • 動画
  • 熱硬化性樹脂、2液硬化型樹脂、湿気硬化型樹脂、常温硬化型樹脂など 様々な樹脂のゲルタイム測定が可能です。
    エポキシ、シリコーン、ウレタン、フェノール、不飽和ポリエステル、PVC、フラン樹脂、アクリル樹脂
    プリプレグ、半導体封止材、接着剤、粘着剤、摩擦材、シーリング材、塗料他
  • 樹脂の硬化時間(ゲルタイム)を自動で測定できます。
  • 再現性が良く、信頼性の高い測定結果が得られます。
  • 時間-トルク特性のグラフから硬化挙動も確認できます。
  • 電源 AC100V±10% 50/60Hz 最大2A
  • サイズ 200mm(W)×590mm(H)×290mm(D)
  • 本体重量 約15㎏
  • ホットプレート 試料プールサイズ 外径φ20mm、下部径φ17㎜、深さ2mm
  • 温度設定 室温~最大300℃ 変動±0.5℃
  • 攪拌部 2軸偏心
  • 回転数 自転部 60~350rpm
  • 公転部 0~140rpm
  • 自動昇降 位置設定分解能 0.0025mm以下
  • ギャップ精度 ±0.025mm以下
  • その他設定 ギャップ0.1~1.0mm
  • 必要サンプル量 液体:0.2~0.4ml程度、粉末:0.2~0.5g程度
    (1回あたりの目安)
特長
2軸偏心の撹拌方法でJIS、IPC手動法と相関のあるデータが得られます。
  • フェノール樹脂のゲル化時間A法を自動化(JIS K6910:2007)
  • プリプレグのゲルタイム測定に準拠(IPC-TM-650 2.3.18A)
原理

① 熱板に樹脂を投入し、樹脂を撹拌する時のトルクを測定。
②樹脂の硬化が進むにつれトルクが強くなり、その変化をグラフ化。
③ 任意に設定したTHR/閾値を超えた時間をゲルタイムとして判定。

熱板温度について
  • 電源を入れてから5分で安定し測定準備OK
  • 温度プロファイル設定が可能
  • 熱板温度設定 室温~300℃
専用ソフト『まどかツール』により、データベース管理やデータ解析ができます。

『まどかツール』とは、統計的工程管理(SPC)、統計的品質管理(SQC)に役立つソフトウエアです。
企業の製造部や品質管理部,研究部などで、一貫した品質管理を行う場合に最適です。

■事例動画一覧

●半導体封止材       ●シリコーン        ●UVインキ

半導体封止材 シリコーン UVインキ

ダウンロード

アドバンスドテクノ事業部

製品のご相談
デモのご依頼

※ 受付時間は平日9:00~17:30となります。
※ 製品によっては同一日であっても在庫の状況が大きく変わる場合がございます。在庫の確認は極力ご注文の際にお願いいたします。

CASE STUDY