実製品に近い状況で、50μm以下のような薄膜でのTIM熱伝導率、熱抵抗率、界面熱抵抗率を測定できます
ビジネス分野
  • TIM(熱伝導グリース)
  • 熱伝導接着剤
  • 熱伝導パテ
  • 相変化材料(PCM、熱伝導シートなど)
  • その他、液体から固体まで測定可能
  • 概要

測定試料(ゲル状液体、シート、固体)は円柱もしくは四角柱の熱伝導率既知(アルミもしくは銅)の2つの金属テストヘッド間で測定します。

試料中の温度勾配ΔTと熱流Qを計測し、その実行熱抵抗Rtheffが求まります。

試料を加圧しながら厚みを変更し、計測を繰り返すことにより、試料の熱伝導率(W/m・K)、熱抵抗率(mm²・K/W)、界面熱抵抗率(mm²・K/W)を下記の計算式、グラフより求めることができます。

TIMA®5は試料厚み(ギャップ)、圧力もしくは試料温度をコントロールして計測が出来る画期的な装置です。

特長

● 薄膜測定(50μm 以下も可能)
● 1N からの圧力制御
● エージング、信頼性試験にも適応

ダウンロード

アドバンスドテクノ事業部

製品のご相談
デモのご依頼

※ 受付時間は平日9:00~17:30となります。
※ 製品によっては同一日であっても在庫の状況が大きく変わる場合がございます。在庫の確認は極力ご注文の際にお願いいたします。