異方性サンプルに最適  同一試料で垂直・水平方向の熱拡散率測定
マッピング測定による内部構造可視化
ビジネス分野
  • 半導体パッケージ
  • 封止材
  • プリプレグ
  • 熱伝導シート
  • TIM
  • グラファイトシート
  • 放熱コンパウンド
  • セラミック
  • 概要
  • 仕様
  • 周期加熱放射測温法を用いて熱拡散率を測定
  • 測定困難な薄い試料でも測定可能
  • 異方性サンプルに最適
  • グラファイトシート熱拡散率測定法の標準化 2018 年JIS 化
  • マッピング測定ができ、面内分布を可視化
  • レーザーフラッシュ法に比べ、幅広い測定レンジをカバー
  • 測定実績は多種多様
    炭素繊維、ナノセルロース、セルロース、グラファイトシート、カーボンナノチューブ
    シリコンゴム放熱シート、多結晶ダイヤモンド、セラミックス、高熱伝導性樹脂、
    ガラス、各種金属、半導体材料、炭素系材料、その他
  • 測定対象:熱拡散率
  • 測定範囲: 0.1 ~ 1000[×10-6m2 s-1
  • 測定温度(ヒーター搭載時):室温~ 300[℃]
  • 測定周波数:0.01[Hz]~ 100[kHz]
  • 温度及び湿度:20 ~ 35[℃]、20 ~ 80[%]
  • 試料サイズ(最大) 100×100×2[mm]
  • 試料サイズ(最小) 10×10×0.015[mm]
  • 電源:AC100[V]、50/60[Hz]、5[A]
  • 外形寸法:W560×D740×H690[mm]
特長
  • 非接触で熱拡散率を測定
  • 幅広い測定レンジ ~有機フィルムからダイヤモンドまで~
  • 垂直・水平方向の連続測定 ~異方性サンプルの可視化~
  • マッピング測定が可能 ~試料の欠陥、ムラ、空隙などを可視化~
  • 測定箇所を指定できる高いサンプルの自由度
ダウンロード

アドバンスドテクノ事業部

製品のご相談
デモのご依頼

※ 受付時間は平日9:00~17:30となります。
※ 製品によっては同一日であっても在庫の状況が大きく変わる場合がございます。在庫の確認は極力ご注文の際にお願いいたします。