News

2021.12.27

INFO

新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験に 検証先企業として参加しました

東京海上日動火災保険株式会社、株式会社NTT データ、株式会社スタンデージ、株式会社トレードワルツが実施した、新たな貿易決済の仕組みの実現に向けた実証実験に検証先企業として参加しましたことをお知らせします。

 

■実験について

電子B/L とデジタル通貨(または暗号資産)の「同時交換」を実現する
新たな貿易決済の仕組みの構築に向けた実証実験

詳細≫NTTデータ リリース(12月27 日発表)

 実証実験では、貿易プラットフォームや暗号資産に使用されているブロックチェーン技術を活用し、貿易プラットフォームで電子化された「B/L」と「デジタル通貨(または暗号資産)」の同時移転が可能であることが確認されました。電子B/L の移転とデジタル通貨での支払いの同時実行が確認できたことにより、従来になかった貿易決済の仕組み提供の実現が見込まれます。本実証実験の結果を踏まえ、貨物の代わりとして用いる電子B/L と、デジタル通貨(または暗号資産)を同時に交換する世界で初めての仕組みの実用化が目指されます。

 弊社は今後国際的に普及するデジタル通貨への理解促進・対応を考えるきっかけになると考え、今回の実証実験に検証先企業として参加しました。松尾産業では社内ペーパレスや印鑑レスを導入するなどデジタライゼーション推進による業務効率化をこれまでも実施してきました。また、カーボンニュートラルの実現に向けた実証実験やAI教育・BIツールを導入するなどDXに向け積極的な活動にも取り組んでいます。今後も新しい技術やシステムの導入・コラボレーションによる業務の効率化を進め、ひいては新たなビジネスの創出を目指します。

【松尾産業について】
松尾産業は「Connecting the Peaks」を理念として、世界中のさまざまな先端技術や情報をつなぎ、製品からソリューションまで提供する商社です。創業から80 年以上技術と情報を基盤として、化学品と自動車部品を中心に次世代技術を叶える新素材など、ものづくりの将来を見据えた製品を提供してきました。オープンイノベーションの重要度が増す中、新たな価値をつくるイノベーターの「もっとよくしたい」に伴走し、つなげる力で製造業の未来に貢献します。