製造ラインから切り出したフィルムをセットするだけで簡単に連続で厚さが測定できます!測定結果はCSV形式でPCに自動保存され、専用ソフトで編集や比較が可能です。
ビジネス分野
  • フィルム/紙/金属板・箔の研究開発や品質管理
  • 概要
  • 仕様
  • オプション
  • 動画
  • フィルムや紙、箔の膜厚を連続で測定することができます。
  • フィルムを1ポイントずつ測定する手間がなくなります。
  • 専用ソフトを使用し、測定後はデータを自動で保存します。
  • 分解能0.01umの測定ができます。
  • 測定したデータは自動で保存され、管理も楽です。
  • 研究開発や品質管理に最適です。
  • 測定端子
    素材に応じて、標準の超硬測定子以外に、DLCコーティング、ダイヤモンド、ルビー、樹脂の端子をご用意できます。

 

  • カスタマイズ
    測定物に合わせて、本体やソフトウエアのカスタマイズが可能です。
    ・薄物対応型
    ・厚物対応型
    ・張り付き易い素材対応型
  •  繰り返し精度:0.05μm(リフターによる測定子の上下繰り返し)
  •  測定分解能:0.01μm
  •  直線性:±0.2%(測定ヘッドの精度となります)
  •  測定範囲:10μm~200μm
  •  測定圧:0.3N(標準) ※測定圧の変更可能
  •  本体・アンプユニット・測定ヘッドの構成
  •  寸法:260×300×309㎜ ※本体部
  •  重さ:約10kg ※本体部
  •  電源:AC100~240V
特長
  • ラインから切出したフィルムをセットするだけで簡単に測定ができます。
  • 連続測定の為、フィルム全体の傾向を知ることができます。
  • 測定結果はCSV形式でPCに自動保存され、専用ソフトで編集や比較が可能です。
  • 測定する材質により測定圧力を変更することができます。
  • 専用ソフトはご要望に合わせてカスタマイズができます。
ダウンロード

アドバンスドテクノ事業部

製品のご相談
デモのご依頼

※ 受付時間は平日9:00~17:30となります。
※ 製品によっては同一日であっても在庫の状況が大きく変わる場合がございます。在庫の確認は極力ご注文の際にお願いいたします。