ニュース

NEWS

マツオインドネシアからコラムが届きました。

2012.10.24

海外コラム

インドネシアの首都ジャカルタは、東南アジアの中で最も交通渋滞の激しい町です。
今日は、それにまつわるレポートをお送りいたします。

Joki 9.jpg

いきなりですが、バイクが激しく往来する路上、幼児を抱いた奥さん・若者が並んでますね。
そして、どうも指先は1、2 と挙げているようです。


こちらの路地でも男の子が1本 1人 の意味なのか指を挙げています。
ヒッチハイクにしてはサンダル履きの身軽な格好ですね。

皆さん、これらの人たちは何のために路地に立っているかご存知ですか?

ジャカルタ中心部の道路で、朝・夕は3 IN 1(スリー・イン・ワン)という交通規制があります。

もうピンと来た方がいらっしゃいますね。

そうです!
これは、1台の車に3名以上乗っていないと中心部道路には乗り入れできないという規制の為、不足分を補うように路上に立っているアルバイトです。
幼児を抱いた奥さんを乗せれば、運転手1名でも3名になり違反切符を切られません!

このアルバイトは通称「ジョッキー」(競馬の騎手、まさに乗り手です)で、
日本円で100円から150円程度を支払います。

マツオインドネシアの事務所もジャカルタ中心部に面しており、
時間帯によっては、この「ジョッキー」にお世話になっています。
これからも現地ならではの話題をお届けいたしますので、皆さんお楽しみに!

PT. MATSUO INDONESIA   一海 三世次

ニュース一覧へ戻る