ニュース

NEWS

インドネシア現地法人よりコラムが届きました。

2011.11.10

海外コラム

松尾インドネシアは、2011年8月1日にアセアン域内3番目の拠点として設立されました。

皆さん、インドネシアという国についてどの様な印象をお持ちでしょうか。
馴染み深いところでは、バリ島が思い浮かびますよね。

また一方で、インドネシアはイスラム教最大の人口を抱える国でもあり
人口約2億4千万人のうち70%強、1億7千万人を超える国民がイスラム教徒です。
イスラム教の年間行事はいくつかありますが、大きなものとして断食月と断食明けの大祭があります。

11月6日に行われた行事の一つを紹介したいと思います。


DSC03409.JPG

山羊や牛等の移動動物園のようですね。

COW.JPG

ポトン・カンビンと呼ばれる行事で
日本語では犠牲祭と訳されます。
(ポトン:切り落とす、カンビン:ヤギ)

メッカ巡礼最終日に行われ、動物を生贄として捧げこの日を祝います。

一般的には裕福な人が山羊や牛を買い寄進、各地域のモスクにて解体し貧しい人々に肉を分け与えます。
今年は、牛1頭6百万ルピア(約6万円)、ヤギ1頭1百万ルピア(約1万円)が相場のようでした。
(仏教徒はじめ異教徒でも、それらを寄進することは可能です。)

松尾インドネシアも他の拠点同様、様々なトピックスをご提供させていただきますので、今後とも宜しくお願い致します。

PT. MATSUO INDONESIA   一海 三世次

ニュース一覧へ戻る