沿革

HISOTRY

1938

創業期 1938年~1968年

1938年 1月
松尾明商店として創業
1949年 7月
株式会社松尾商店に改組、資本金50万円。非鉄金属 ・塗料原料を主要商品とする。
1954年 2月
インターナショナル・アルミニウム・リミテッド(現 アルキャン・アジア・リミテッド)のアルミニウムペーストの日本総代理店となる。
1955年4月
東京営業所を開設 (現 東京支店)
1957年2月
堺化学工業㈱の代理店となり、酸化チタンの販売開始
9月
東洋アルミニウム㈱がアルミニウムペーストの国産を開始。その代理店として引き続きアルミニウムペーストを拡販する。
10月
名古屋ゴム㈱ (現 豊田合成㈱)の代理店となり合成樹脂成型品に進出
1961年4月
名古屋営業所を開設 (現 名古屋支店)
1964年9月
社名を松尾産業㈱に改称
1968年1月
太田営業所を開設 (現 太田支店)

成長期 1969年~1999年

1969年9月
スイス・ゲマ社の静電粉体塗装機の日本総代理店として販売を開始
1970年7月
台湾駐在員事務所を開設、輸出入業務を拡大する。(1978年に閉鎖)
1976年3月
㈱住田光学硝子製造所 (現 ㈱住田光学ガラス)の代理店として、光ファイバーの販売を開始
1984年4月
大阪中小企業投資育成㈱より投資を受け、資本金1億500万円に増資
1992年7月
シンガポール支店を開設 (2017年に閉鎖)
1995年4月
伊藤光学工業(株)とコンソーシアムを組み蒸着事業分野に進出
1996年1月
定量供給装置(SFCシステム)が米国ビックスリーでの自動車塗装に採用
3月
日本原子力研究所(東海研究所)へ半導体励起固体グリーンレーザーSHG出力100Wを納入
1998年3月
粉体塗料定量供給装置(SFC-Qシステム)が財団法人機械振興協会より「中堅・中小企業新機械開発賞」を受賞

発展期 2000年~現在

2000年7月
資本金3億1000万円に増資
2002年1月
粉体塗装機事業を旭サナック㈱に事業譲渡
4月
米国GM(ゼネラルモーターズ)社より、「2001年度サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞
2004年2月
ISO14001 本社、東京支店、名古屋支店、太田支店にて認証を取得
3月
中国上海に駐在員事務所を開設
11月
中国上海に現地法人、上海松尾貿易有限公司を設立
2006年5月
タイに現地法人、Thai Matsuo Co., Ltdを設立
11月
ISO9001 本社、東京支店、名古屋支店、太田支店、新庄事務所にて 認証を取得
2007年11月
中国広州に現地法人、広州松尾貿易有限公司を設立
2008年7月
タイに現地法人、Thai Matsuo Asia Trading Co., Ltdを設立
9月
中国天津に現地法人、天津松尾貿易有限公司を設立
10月
ISO14001、ISO9001 Thai Matsuo Co.,Ltdにて認証を取得
2009年3月
中国重慶に現地法人、重慶松尾貿易有限公司を設立
9月
ISO14001 新庄事務所にて認証を取得
2011年8月
インドネシアに現地法人、PT.Matsuo Indonesiaを設立
2014年1月
マレーシアに現地法人、Matsuo Sangyo (Malaysia) Sdn Bhdを設立