アドバンスドテクノ事業部

ADVANCED TECHNOLOGY

デバイス | ダイヤモンド

導電性ダイヤ成膜

ダイヤモンドは絶縁体ですが、ホウ素をドーピングすることで電気を通すことができます。ダイヤモンドの化学的安定性や強度などの特徴を維持したまま、ダイヤモンド電極として従来方法ではできなかった物質の分解や合成などいろいろな酸化還元反応に使用できます。

取り扱いメーカー

DiaM株式会社

ダイヤモンド電極によるインディゴブルーの脱色実験

特長

・電位窓が広いため、他の電極ではできない酸化、還元反応が可能。
市水(水道水)から直接高濃度のオゾン水を作ることができます。
・フッ酸にも溶けない化学的安定性。
・銅の5倍の熱伝導率。

仕様

成膜可能な大きさ:φ150(MAX)
基板の種類:Si、SiC、Nb、Mo、Ti 等
膜厚:~15μm
抵抗率:10-2~10-3 Ω・cm
タイプ:P型
結晶:多結晶ダイヤモンド

用途

<電解合成>
・オゾン水、過硫酸、過リン酸 生成

<水処理>
・殺菌、COD低減、有価金属回収

<環境>
・脱臭、脱色、除菌

<センサー>
・生体成分分析、重金属測定

ショールームのご案内

実験・体験できるショールーム デモ受付中!
オンラインデモ始めました。

お問い合わせはこちらから