アドバンスドテクノ事業部

ADVANCED TECHNOLOGY

装置 | 印刷試験機 | 卓上自動テストコーター

Kコントロールコーター

・コンパクトサイズの自動卓上バーコーターです。
・簡単セッティングでコーティングすることができます。
・品質管理、印刷適性試験、コンピューターカラーマッチングなど、研究開発に最適です。
・バーは4~500um(ウェット膜厚)まで供給できます。
・オプションでギャップアプリケーターやKロックス(フレキソ印刷)ができます。

取り扱いメーカー

RK Print Coat Instruments

Kコントロールコーター

特徴

・液体インキや塗料、接着剤を使っている方や製造されている方にとって最適な装置です。
・圧力や速度をコントロールでき、再現性の高いサンプルを作ることが出来ます。
・2種類以上のインキを同時に印刷して比較することができ、重ね刷りの為の位置合わせができます。
・液体インキ、塗料、接着剤などの表面コーティング用にギャップアプリケーターもご用意できます。
・少量のインキで試験ができる為、高価な材料の無駄使いを減らすことができます。
・塗布対象物:フィルム、紙、金属箔、ガラス、セラミック板
・塗物:インキ、塗料、ペースト、接着剤、スラリー

仕様


K 101 K202 K303
スピード 2-15m/min 2-15m/min 1-39m/min
無段階変速 無段階変速 デジタル設定
塗布面積 170×250mm 325×250mm 350×450mm
設置面積 400×500mm 400×500mm 690×410mm


用途

・フィルム(包材、光学、医療)開発
・インキ(グラビア、フレキソ、導電性、レジスト)開発
・インキリボン・・・転写箔開発
・燃料電池・・・触媒塗布
・リチウムイオン電池・・・セパレータ塗布
・インクジェットプリンタ用紙・・・コーティング材塗布
・ディスプレイ(液晶、有機EL、PDP等開発)
・プリンタブルエレクトロニクス開発

オプション

・加熱ベッド
・バキュームベッド
・マグネットベッド
・ギャップアプリケーター
・Kロックス(フレキソ印刷)

消耗品

・バーコーター

デモ事例

太陽電池の開発

酸化チタン溶液をガラスに均一塗布しました。

塗料の見本作製

自動バーコーターにて塗料の均一塗布サンプルを作製しました。

導電ポリマーの開発

電気抵抗値を測定する為に導電ポリマーの均一塗布サンプルを自動バーコーターで作製しました。

有機半導体の研究

加熱プレートで温調した状態で自動バーコーターにてサンプル作製を行いました。

ショールームのご案内

実験・体験できるショールーム デモ受付中!
オンラインデモ始めました。

お問い合わせはこちらから