アドバンスドテクノ事業部

ADVANCED TECHNOLOGY

装置 | 印刷試験機 | 卓上自動テストコーター

K303マルチコーター

・多機能な卓上印刷試験機です。
・ヘッド交換により、バーコーター、グラビア、グラビアオフセット、フレキソ印刷、ラミネートを簡単に行うことができます。
・品質管理、印刷適性試験、コンピューターカラーマッチングなど、研究開発に最適です。
・実機のシリンダーと同じ方法で作製された電子彫刻版プレートを採用しています。
・マイクロメーターにより、印刷、ドクター圧の微調整ができます。
・バーは4~500um(ウェット膜厚)まで供給できます。

取り扱いメーカー

RK Print Coat Instruments

K303マルチコーター

アプリケーション

・グラビア印刷

・フレキソ印刷

・ラミネート

・バーコーター

・グラビアオフセット印刷

 

特長

・液体インキを使っている方や製造されている方にとって最適な装置です。
・A4サイズほどのサイズでコーティング、印刷が可能です。(当社取り扱いの卓上印刷試験機の中では最大)
・印刷スピード 1~39m/min
・実機シリンダーと同じ方法で作製された電子彫刻版プレートは簡単に交換することができます。
・印圧やドクターブレードのセッティングはマイクロメーターで微調整することができます。
・紙、フィルム、金属箔など、どんなフレキシブルな塗布物でも印刷やラミネートができます。
・2種類以上のインキを同時に印刷して比較することができ、重ね刷りの為の位置合わせができます。
・液体インキ、塗料、接着剤などの表面コーティング用にギャップアプリケーターもご用意できます。
・少量のインキで試験ができる為、高価な材料の無駄使いを減らすことができます。
・塗物:液体インキ(グラビア、フレキソ)、接着材
・塗布対象物:紙、フィルム、金属箔

仕様

スピード:1~39m/min
設置面積:690×410㎜
印刷面積:グラビア 265×300㎜
フレキソ 265×250㎜
ラミネート 300×350㎜
バーコーター 350×450㎜

用途

・フィルム(包材、光学、医療)開発
・インキ(グラビア、フレキソ、導電性、レジスト)開発
・インキリボン・・・転写箔開発
・燃料電池・・・触媒塗布
・リチウムイオン電池・・・セパレータ塗布
・インクジェットプリンタ用紙・・・コーティング材塗布
・ディスプレイ(液晶、有機EL、PDP等開発)
・プリンタブルエレクトロニクス開発
・パターニング印刷研究
・品質管理
・印刷適性試験(耐摩耗性、スクラッチ性、柔軟性、グロスなど)
・プレゼンテーション用試料の作製
・コンピューターカラーマッチング

オプション

・防爆仕様
生産現場では電気モーターを使用できない場合がありますが、本機にはエアモーターを使用した防爆仕様もあります。

製品タイプ

・自動印刷試験機

消耗品

・バーコーター、ドクターブレード

デモ事例

TFT(Thin Film Trangistor)材料の開発

本機を使用し、グラビアオフセット印刷とフレキソ印刷を行いました。

ドライラミネート(PET/アルミ箔)

グラビアコーティングにで接着剤を PET12μmに塗布、乾燥機で溶剤を揮発させたのちアルミ箔9μmをラミネート。10m/min~30m/minまで速度を変えてサンプルを作製しました。

加飾フィルムの開発

グラビアヘッドを使いグラビア印刷を行った後、バーコーターヘッドに交換し、バーコーターにてトップコート液を均一塗布しました。

包装材料のプレゼンサンプル作製

グラビアヘッドを使い、パッケージフィルムへのグラビア印刷を行った後、ラミネート用の部品に交換して接着剤を塗布し、ドライラミネートを行いました。

ショールームのご案内

実験・体験できるショールーム デモ受付中!
オンラインデモ始めました。

お問い合わせはこちらから