アドバンスドテクノ事業部

ADVANCED TECHNOLOGY

装置 | 測定機器 | 水分計

光学式水分計 / 水分センサー

赤外線水分計は、赤外線の反射によって光学的に水分検出を行う事ができるので非接触、かつ高速で水分測定が行えます。
あらゆる産業分野での水分測定、品質管理、省エネ等にご利用頂けます。

取り扱いメーカー

株式会社フジワーク

測定原理

水分には光(近赤外線)の特定波長を吸収する性質があり、物質に含まれる水分量が多くなれば、吸収される光のエネルギーも大きくなります。赤外線水分計は、この物理的な現象を応用した測定器です。水分に吸収される波長には、1.2、1.45、1.94、2.95μm等がありますが、本機は測定光として1.94μmおよび1.45μmの波長を利用しています。但し、測定光だけでは検体の色・表面状態等により影響を受けますので、水分に反応しない隣接した2つの光(参照光)を同時に測定し、外乱要因を除去しています。尚、測定値(IM-D値)は次式にて演算し求められます。

 

特長

ファイバー式赤外線水分計

IM-3SCV MODEL-2000/IM-3SRV MODEL-1000
簡単操作で「非接触」「非破壊」「高速」「高精度」「広範囲」測定

 

<MODEL-2000 特長>

感度向上(従来器25%up)
高機能表示器の採用により機能強化(スケーリング、加算平均等)
電源はAC100-240V対応
電流出力4-20mA標準装備

 

<IM-3SCV MODEL-2000 / IM-3SRV MODEL-1000 共通特長>

ファイバー方式で多彩な環境での測定。
測定部にファイバーを使用している為、測定部の温度変化等、雰囲気の影響を受けにくくなっております。
狭い場所での測定でも省スペースで設置ができます。
3波長方式により高分解能計測を実現。

高速アナログ演算でリアルタイム測定。
アナログ演算を行う事でタイムラグがほとんどなく、リアルタイムで測定が行えると同時に、アナログならではの高分解能での測定が可能となっています。また、アナログ回路の温度補正により、さらに安定した精度で測定できます。

ハンディタイプで持ち運び自由。
ハンディタイプになっているので、手軽に持ち運びができ、サンプルの移動時による吸湿を避け、現場で簡単に測定が行えます。


 

 

 

広範囲照射型 赤外線水分計

【 IM-3SMV MODEL-2000M 】

広範囲・凹凸面の水分測定が可能

 

ファイバー式最上位機種IM -3CSVの分解能・機能はそのままに広範囲の測定が可能。広範囲測定でより多様なテーマに対応。

Max.φ190mmの測定により、ファイバー式に比べ3倍以上の広範囲測定が可能です。

ペレット/カプセル/各種原料等、粒状の堆積物の表面測定も可能です。

3波長方式で安定した測定。
3波長方式により、高分解能計測を実現。
高速アナログ演算でリアルタイム測定。
アナログ演算を行う事でタイムラグがほとんどなく、リアルタイムで測定が行えると同時に、アナログならではの高分解能での測定が可能となっています。
ユニバーサルパーツ使用であらゆるシーンに簡単セッティング。
本体下部のフレームに各アングルを固定することで、吊り下げ・架台上げ等、あらゆるシーンでの強固な設置が可能です。
コンベア等のオンライン/オフライン/机上等、設置場所を問いません。


仕様

広範囲照射型 ファイバー式
型式 IM-3SMV
MODEL-2000M
IM-3SMCV
MODEL-2000L(H)
IM-3SRV
MODEL-1000L(H)
測定方法 赤外線反射3波長方式
測定距離 200~400mm 5~60mm 5~30mm
測定径 Φ110~Φ190
(測定距離300mm時Φ150mm)
Φ5~Φ30
(測定距離30mm時Φ17mm)
Φ5~Φ16
(測定距離30mm時Φ16mm)
光ハンドルファイバー 型式 投光受光一体型ハンドルファイバー
ファイバー長 標準仕様1m
(最長20mまで作製可)
標準仕様1m
(最長7mまで作製可)
保護形状 PVC被覆付SUSフレキシブル管
保護部外径 外径約Φ9.2mm ※1
ファイバー先端形状 Φ10×50mm(SUS303) ※1
耐熱温度 先端端面:0~150℃/その他:0~80℃
入射角度 約25°
ハンドル本数 40本 32本
測定器周辺温度/湿度 0~40℃/20~80%RH(結露なき事)
フィルタ波長 Lタイプ 参照波長:1.8µm、2.1µm
測定波長:1.94µm
参照波長:1.8µm、2.1µm 測定波長:1.94µm
Hタイプ 参照波長:1.3µm、1.6µm 測定波長:1.45µm
水分測定範囲 0~約80%(紙50~70g/㎡)
測定分解能 ※2 0.017%(紙50~70g/㎡) 0.027%(紙50~70g/㎡)
応答性(アナログ出力 ※3) 約0.12秒
校正表示 L:1000-H:3000(SPAN2000) L:1000-H:2000(SPAN1000)
表示 5桁(-19999-99999) 0-9999
再現性 ※4 L側-1000±5
H側ー3000±50
L側-1000±5
H側ー2000±50
ドリフト フルスケール(2000:標準板使用時)の±0.05%/℃以内 フルスケール(1000:標準板使用時)の±0.05%/℃以内
アナログ出力 4-20mA(オプション0-10V) 0-10V
機能 比較出力
加算平均
スケーリング
光源 タングステンランプ(平均寿命:約20,000時間)
電源 AC100~240V±10% 50/60Hz AC100±10% 50/60Hz
消費電力 40W 40W 25W
寸法(測定器本体) 240(W)×276(H)×314(D)mm 220(W)×155(H)×300(D)mm 125(W)×150(H)×322(D)mm
重量 約11Kg 約7Kg 約5Kg

データ

IM-D出力値とは、含水率に対応した水分計出力値(mv)を意味します。 右記データは、絶乾法(重量法)やカールフィッシャーで測定した水分絶対値と水分計検出器から得られたIM-D値の相関関係を表す検量線です。

 

 

光学式の特徴と測定対象 1

方式 価格 設備規模 土の中 土の表面 測定速度
タングステン 光学式 高値 大型
LED 光学式 程々 やや小型
電気抵抗式 電気抵抗式 安値 小型
電気容量式 誘電率式 程々 やや小型
超音波 速度変位式 高値 大型
絶乾式 乾燥式/JIS規格 安値 中型

 

光学式の特徴と測定対象 2

金属の表面 樹脂(不透明)表面 樹脂(透明)表面 紙パック表面 生ゴミ表面/中 コンクリート表面/中
タングステン
LED
電気抵抗式 ×
電気容量式 ×
超音波 ×
絶乾式

 

用途

IM-3SCV/IM-3SRV/IM-3SMV
半導体、液晶、フィルム、薬剤、繊維、製紙、溶剤(液体)、粉体、セラミック、塗料、その他

製品タイプ

・ファイバー式赤外線水分計
・広範囲照射型 赤外線水分計

ショールームのご案内

実験・体験できるショールーム デモ受付中!
オンラインデモ始めました。

お問い合わせはこちらから